こころ歯科クリニック

  • 079-287-8867
  • 兵庫県姫路市飾磨区阿成植木678「高浜小学校北」交差点
  • 当院へのアクセス

MENU

ブログ

Blog

治療の後の違和感って?


2019年10月に兵庫県姫路市飾磨区阿成植木で開業予定、飾磨・亀山・妻鹿駅の歯医者「こころ歯科クリニック」の公式ブログです。

神経を保存して削って詰めた歯が、少ししみて歯科医師に相談したら、様子をみましょうと言われたことありませんか?歯がしみるとずっと気になり、なんとかこのしみる症状を治してほしい。何かしらの治療をしてほしい。と思うのではないでしょうか?

削った歯をしっかりと殺菌し、セオリー通りに丁寧に詰めても、その後しばらくしみるということは実は少なからずあります。

シミなくするために一番効果的な手立ては、歯の神経(歯髄)をとってしまうことです。早めに神経を取って被せてしまった方が歯科医院の収入になりますが、歯科医師は神経を大切に守って患者さんの歯の寿命をなるべく長くもたせたいと考えているのです。実際にはしばらくシミても、徐々に症状が治まっていくケースが多く、その場合長い目で見れば患者さんにとって大変メリットがあるのです。ですので、いくらかシミる程度で日常生活に支障がない場合は、しばらく様子を見ることをお勧めします。それほど歯にとって神経は大事なのです。

神経は、神経組織以外にも毛細血管などが通っている、歯に栄養を運ぶ大切な組織です。神経をとっても被せ物をして使い続けることは可能ですが、歯の命が失われるため耐久性は落ちてしまいます。手の加わっていない自分の歯ほど丈夫でいいものは、他にはありません。

歯の寿命は、大きな治療をすればするほど短くなっていきます。詰め物やかぶせ物などの修復物は、使っているうちに必ず消耗し、いつかは壊れてしまいます。健康な歯のように、一生使い続けることなどできません。毎日強い力が加わり、酸っぱいものや熱いもの冷たいものにさらされながら、働き続けているので無理もありません。治療をやり直す度に修復物は大きくなり、それにつれて歯は弱くなり、どんどん歯を失うリスクが高くなります。

「もう少し様子をみましょう」というのは、「これからも責任を持って経過を診ていきます。患者さんの歯を大事に守っていきたいと思っています」という事が込められています。

ただ、放置すればいいということではありません。

治療後の痛みや違和感は、患者さんを不安にさせますが、その歯に一番詳しいのは治療をした歯科医師です。まずは、定期的にメインテナンスを受け、歯科のプロとともに大切な歯を長期的に守っていっていただきたいと思います。

 

参考文献:nico 2014年2月号

姫路市の歯医者 小児歯科(こども歯科)無痛治療 審美歯科

予防歯科 矯正歯科 親知らずの抜歯 インプラント ホワイトニングなら

こころ歯科クリニックへ

〒672−8030

姫路市飾磨区阿成植木678番地

079−287−8867

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ