こころ歯科クリニック

  • 079-287-8867
  • 兵庫県姫路市飾磨区阿成植木678「高浜小学校北」交差点
  • 当院へのアクセス

MENU

根管治療

Root canal treatment

Root canal treatment根管治療

神経の治療は慎重に
根管内を感染させていけません

当院の治療内容を紹介します。
長期的に安定した状態を維持していくために、様々な技術や方法での治療に努めています。

根管治療とは

むし歯を放置すると、歯の中にある神経まで感染が及びます。
神経まで感染が及ぶと、かなり激しい痛みを感じ、食事をすることも困難になります。
根管治療とは、感染が及んだ神経を歯根にある「根管」という細い管の中から取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して隙間なく薬剤を充填する治療です。
根管はとても細かく複雑に枝分かれしているため、とても難しい治療です。
そのため根管治療はどうしても治療期間が長くなりがちであり、通院回数が多くなりますが、最後まできちんと治しましょう。
本来、根の中は無菌ですが、治療中に唾液の細菌が侵入し感染をすると、根管治療の成功率が下がります。
当院では、根の中を感染させないために、必ずラバーダム防湿を行なっています。

イニシャルトリートメントとリトリートメント

イニシャルトリートメント

神経を取るという最初の根管治療であり、もっとも重要なのは根管を感染させないことです。
当院では、唾液の細菌が侵入して根の中を感染させないために、必ずラバーダム防湿を行なっています。適切に治療を行えば、成功率はかなり高いと言われています。

リトリートメント

再発をした場合の根管治療であり、「感染根管治療」とも呼ばれます。被せ物と土台を除去してから、さらに根管に充填された薬剤を除去し、そして感染した部位を除去・消毒をするという難易度の高い治療です。治療経過が良くない場合は、「歯根端切除術」という外科手術によって歯根を取り除く場合もあります。

根管治療の精度を上げるために

当院では根管治療の精度を上げるため、最先端の機器を導入しています。

歯科用CT

事前に歯科用CTで撮影を行い、根管の状態を立体画像で確認をします。根管は見えない場所の治療であるため、従来は歯科医師の経験や勘に頼られていた部分があったのですが、立体画像で確認ができるようになり明確な根拠により正確な処置が可能となります。

ニッケルチタンファイル

根管の中から神経を取り除く際には、ファイルという器具を用います。当院では通常用いられるステンレス製のファイルに加えて、柔軟性を持ち根管に追従することが可能なニッケルチタンファイルを採用しています。湾曲した根管に対しても、オリジナルな根管形態を破壊せず治療可能となります。

ラバーダム

根管治療でもっとも重要なことは、根管内に細菌を感染させないことです。当院では「ラバーダム」という治療対象の歯をすっぽり覆うゴムのシートを用いて根管治療を行います。ラバーダムを使用することで、唾液中の細菌が新たに根管内に入り込むことを防ぎ、根管内の感染を防止します。