こころ歯科クリニック

  • 079-287-8867
  • 兵庫県姫路市飾磨区阿成植木678「高浜小学校北」交差点
  • 当院へのアクセス

MENU

ブログ

Blog

レントゲン写真はどんなことがわかるの?


姫路市飾磨区阿成植木の歯科医院「こころ歯科クリニック」の公式ブログです。

歯医者さんで撮影しているレントゲン写真にはとてもたくさんの情報が読み取れます。

(←乳歯から永久歯への生え変わり前の状態です)

お口の中の病気は、直接肉眼で見ることのできない場所で起こっていることがほとんどです。

歯と歯の間、詰め物やかぶせ物の下、歯を支えてくれている骨(歯槽骨)、歯の根っこの周りなどです。

このような外から肉眼で見ることのできない場所の状態を確認するために、レントゲン撮影は必要不可欠です。

具体的には、次のようなことをレントゲン撮影で確認をしています。

1.虫歯の状態

虫歯の有無や進行状態、詰め物の下の虫歯の有無などが分かります。
見た目では何もない状態でも、レントゲン撮影を行うことによって、虫歯が見つかることが多くあります。

2.歯の根っこの状態

歯の根っこの中には、神経があります。レントゲン撮影を行うことにより、神経が残っているのか、神経に感染や炎症が起こっていないかを確認することができます。

また根っこが割れていないか、根っこの形態も確認できます。

歯ぐきよりも下にある歯根の表面に歯石が付いている場合も、レントゲン撮影で確認できることがあります。

3.骨の状態

歯を支える骨(歯槽骨)は、歯周病が進むと溶けてきます。レントゲン撮影を行うと、どこの歯槽骨がどれくらいなくなっているかを、確認することができます。

また、顎の骨の中には太い神経と、血管が入っている太い管があります。親知らずを抜く場合には、その管と歯との位置関係を、レントゲン撮影で確認することにより、安全な麻酔や抜歯を行うことができます。

親知らずの位置や向きによっては部分的にCT撮影を行い、3次元的に確認して歯を抜いています。

4.顎の関節の状態

顎関節症など顎の関節に異常が生じると、顎の関節にズレや変形が生じることがあります。レントゲン撮影を行うと、顎の関節のズレや変形を確認することができます。

5.詰め物・かぶせ物の適合状態

詰め物、かぶせ物と歯との間に段差やすき間、虫歯がないかを確認することができます。

詰め物や被せ物が合っていないと、プラーク(生きたバイ菌の塊)が溜まりやすくて再度虫歯になる可能性が高くなります。

 

このレントゲン写真によって、今までどのような治療がされてきたのか、大きな虫歯は無いか、痛みはないが悪くなっていることころはないか、顎の関節に異常はないか、親知らずの有無や生え方、鼻の横にある上顎洞の異常の有無など、お口全体の様々な情報を得ることができます。

逆にレントゲン写真がないとお口の中の状態を正しく診断をすることが難しくなってしまいます。

また歯周病は本人も気付きにくく、自覚症状が現れた時には手遅れということがよくあります。

歯周病の治療をする際も、レントゲン写真で歯を支える骨がどのくらいあるかを確認することが、とても重要となります。
このようにお口全体を撮影するパノラマレントゲン写真は、自覚症状や外から見ただけでは確認できない情報を、豊富に写し出してくれます。治療を始める前の検査や診断には、とても重要なものです。

またお口の中の状態は年月と共に少しずつ変わっていく為、1年に1度程度はこのパノラマレントゲン写真を撮影し、定期的に悪い所がないのか確認することも大切なのです。

 

姫路市の歯医者 小児歯科(こども歯科)痛くない麻酔 無痛治療 審美歯科 マウスピース

予防歯科 小児矯正 矯正歯科 親知らずの抜歯 インプラント ホワイトニングなら

こころ歯科クリニックへ

〒672−8030

高浜小学校北交差点、南東側

姫路市飾磨区阿成植木678番地

079−287−8867

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ