こころ歯科クリニック

  • 079-287-8867
  • 兵庫県姫路市飾磨区阿成植木678「高浜小学校北」交差点
  • 当院へのアクセス

MENU

ブログ

Blog

妊娠性歯肉炎とは?


姫路市飾磨区阿成植木の歯科医院「こころ歯科クリニック」の公式ブログです。

妊娠中にかかりやすい「妊娠性歯肉炎」というのをご存知でしょうか?🤔

お口の中に残った歯垢が、歯茎を刺激して炎症が起こる病気を「歯肉炎」と言います。

悪化すると歯周病になり、歯を支える顎の骨や周辺組織が破壊されていく厄介な病気です。

しかも、妊娠中は特有の要因が重なり、歯肉炎にかかりやすくなってしまうのです😢

 

では、妊娠中のどのような変化が歯肉炎に繋がるのでしょうか。

大きく3つの要因があります。

 

【ホルモンバランスの変化】

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増えます。

そうなるとお口の中では、女性ホルモンを栄養源として好む歯周病菌が増加します。

このことが原因の1つとなり、妊娠中は歯周病にかかりやすくなるのです。

 

【つわりによる歯磨き不足】

つわりになると、お口に歯ブラシを入れることすら気持ち悪いと感じます。

それで歯ブラシを長時間使用できず、奥の方にも入れることができないため、

普段より磨き残しが多くなりがちです。

必然的にお口の中の細菌数は増え、歯肉炎の原因になると考えられています。

 

【食生活の変化】

妊娠中は食事回数や時間が不規則になることが多いようです。

食事ごとの歯磨きが難しくなり、お口の中を衛生的に保てなくなります。

 

妊娠性歯肉炎は、胎児や出産にも影響します。

歯肉の炎症を抑えるため、体内ではプロスタグランジンという物質が作られます。

これは、分娩開始の時に増加する物質と同じで、陣痛を促し、早産を引き起こす原因となります。

また、歯周病になったママから生まれた赤ちゃんは、低体重児の割合が高いという調査結果もあります。

 

妊娠性歯肉炎を防ぐためにも、まずは原因を知り、歯科医院でもしっかりとクリーニングを

継続するようにしましょう😊

 

 

姫路市の歯医者 小児歯科(こども歯科)痛くない麻酔 無痛治療 審美歯科 マウスピース

予防歯科 小児矯正 矯正歯科 親知らずの抜歯 インプラント ホワイトニングなら

こころ歯科クリニックへ

〒672−8030

姫路市飾磨区阿成植木678番地

079−287−8867

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ