こころ歯科クリニック

  • 079-287-8867
  • 兵庫県姫路市飾磨区阿成植木678「高浜小学校北」交差点
  • 当院へのアクセス

MENU

ブログ

Blog

歯と歯の間の掃除方法は?


2019年10月に兵庫県姫路市飾磨区阿成植木で開業予定、飾磨・亀山・妻鹿駅の歯医者「こころ歯科クリニック」の公式ブログです。

ブラッシングをした後に、最もプラークの磨き残しがあるのはどこだと思いますか?

歯科医院でブラッシング指導をする際に、染め出しといって、プラークを赤く染めだす方法があります。この染色剤を使うと磨き残しているプラークがはっきりとわかるので、自分の苦手な部分を知ることができます。そして、磨き残しが最も多いのは、歯と歯のあいだ(歯間部)と、歯と歯ぐきの境目である歯頸部(歯肉辺縁部)です。

歯周治療で来院する患者さんの多くは、十分なブラッシングを行えていない場合が多く、特に歯間部にプラークを残したままにしてしまうと、歯ぐきが腫れて歯肉炎となり、やがて歯周炎へと進行してしまいます。

歯ブラシだけで、歯間部に付着したプラークを取り除くのはなかなか困難です。やはり、歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃器具を補助的に用いることが、歯間部のプラークを除去する確実な方法だと思います。

使用方法も、ただ単に1回挿入して終わり。ではなく、歯間ブラシの毛の全体を使って何度か出し入れをし、プラークを除去しなければなりません。しないよりは遥かに使用している方が歯周病の進行は遅らせることができますが、正しく使用しなければ無駄になってしまう場合もあります。

歯科医院を受診した際に、IDB(歯間ブラシ)の使用方法を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

姫路市の歯医者 小児歯科(こども歯科)無痛治療 審美歯科

予防歯科 矯正歯科 親知らずの抜歯 インプラント ホワイトニングなら

こころ歯科クリニックへ

〒672−8030

姫路市飾磨区阿成植木678番地

079−287−8867

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ